公式野球大会注意事項 

                                                               清瀬市軟式野球連盟

競技運営に関する注意事項

清瀬市軟式野球連盟の主催大会は、東京都軟式野球連盟の規程、細則、公認野球規則、競技

者必携及び本取決め事項を適用する。

1. 一般チームの登録人数男女を問わず10名以上で上限は設けない。

   大会でベンチに入れる人員

① 監督を含む選手9名以上20名以内

② チーム責任者、マネージャー、スコアラー、トレーナー(有資格者)各名とする。

③ 背番号は監督30 番、コーチ2829番、主将10番として、選手は0番から99番まで

  とする。ただし、監督及びコーチは選手と兼任できる。

2. 抽選会等連盟の会議や通知等で説明を受けた事項または決められた事項はチーム全員に

   必ず徹底させること。

3. 試合を行うチームは、試合開始予定時刻30 分前に大会指定の打順表と未使用の試合球2

   個を本部に提出して、照合を受けること。試合開始後球場に来た選手は、本人が本部へ

   来て大会指定の打順表に記入し、照合を受けた後審判員に必ず提出すること。なお、第2

   試合以降のチームは、試合開始30分前までに本部に提出すること。

4. 試合開始予定時刻になっても球場に来ないチームは原則として棄権とみなす。開始時及

     び終了時に名以上いない場合も同様の措置をとる。

5. 参加申込提出後の選手の追加、変更並びに背番号の変更は原則として認めない。

6. 登録及び試合に於いて不正を行ったチームに対する措置

① 試合中に発見された場合は、相手チームに勝利を与える。

② 試合終了後に発見された場合は、次の対戦チームに勝利を与える。

③ 決勝戦終了後に発見された場合は、準優勝チームを優勝チームとする。

7. 大会秩序を乱し、その進行を妨げる行為をした場合は当該選手とチームに対して大会役

     員の合議により相当の措置をとる。なお暴力行為を行った選手は理由の如何を問わず、直

     ちに退場させるとともに出場停止処分を行う。また放棄試合は絶対に許されない。

8. ベンチ内での電子機器(携帯電話・パソコン等)及び携帯マイクの使用を禁止する。また、

     メガホン使用認める。

9. 球場内ではトスバッティングのみ認める。ベンチ前でのサイドノックも認める。

10. ボール回しは禁止する。

11.第2試合以降のバッテリーのブルペン使用は、打順表を提出し照合を受けたのち、先発

   バッテリーに限り前の試合の4回終了または1時間を経過した後、投球することを認める。

12.(公財)日本体育協会が制定するスポーツ憲章並びに(公財)全日本軟式野球連盟の当

       該年度競技者必携を遵守し、球場内外を問わずマナーに充分留意すること。


ユニフォーム、装具について

1. 装具の使用は公認野球規則で規定されているもののほか、次に定めるものを装着または

      使用しなければならない。

2. ユニフォームは同一チームの監督、コーチ、選手が全員同色、同形、同意匠でなければ

      ならない。なお、帽子は全員同色、同形、同意匠のものを着帽すること。

アンダーシャツ、ストッキングは全員同色のものであること。(スパイク同色規定は削

除)

3. 袖の長さは両袖同一で、左袖に都名または支部名をつけることが望ましい。左袖には他

      のものをつけてはならない。

4. 胸のチーム名は、日本字、ローマ字のどちらでもよい。胸や右袖には社標、商標やクラ

      ブのマスコットマーク等をつけてもよい。基本的に上部大会出場チームが背中に個人名

      を入れる場合は背番号の上にローマ字で姓のみとする。

ただし、入れる場合はチーム全員が入れること(同姓がいる場合は名前の頭文字を入れ

てもよい)。

5. 背番号の規格は最小限15.2 センチ以上。最大限長さ21 センチ、幅16 センチ、太さ4

      センチ以内とする。

6. バットは一本の木材で作った木製バットのほか、竹片、木片などの接合バットであるこ

      と。

木製バットについて公認制度はない(着色の制限はある)。

7. 金属・ハイコンバット(複合)は連盟公認のマーク(J.S.B.B.)のついたものを使用するこ

      と。使用の区分は、一般用と表示されているものを使用すること。

素振りリング、素振り用鉄パイプは球場に持込む事を禁止する。

8. 捕手は、連盟公認(J.S.B.B.)のマスク(スロートガード付)、プロテクター、レガーズ、

      捕手用ヘルメット(Sマークのついた)を装着しなければならない。ファウルカ

      ップの着用を推奨する

9. 打者、次打者、走者はSマークの入った連盟公認(J.S.B.B.)のヘルメットを必ず着

      帽すること。イヤーフラップは両耳が望ましい。

10. ベースコーチはヘルメットを必ず着帽すること。(イヤーフラップは両耳が望ましい)

11. サングラスを帽子のひさしの上にかける事は絶対に禁止とする。

12. ネックウォーマー(黒色・紺色・灰色系)の使用を認める。(投手は除く)


大会規則

1. 規則はグランドルールで特に決められた以外は、本年度公認野球規則及び競技者必携に

      準ずる事とする。

2. ベンチは組合せ抽選番号の若い方を一塁側とし、三塁側を先攻とする。

3. すべての大会は回戦とし、時間30分(決勝は1時間45分)を目安とし、1時間

   20分(決勝は1時間35分)をもって新しいイニングに入らないこととする。ただし、決

   勝でもグランド状況により1時間30分の時間制限を設ける場合もある。

例えば、負けている先攻チームの第3アウトの成立が1時間20分(決勝は1時間35分)

を過ぎていればその時点で終了。また、勝っている後攻チームの攻撃中に1時間20分

(決勝は1時間35分)を過ぎた場合は攻撃が終了次第打ち切る。

なお、延長戦は行わず、回完了または制限時間を過ぎて同点の場合は、タイブレーク

方式(一死満塁で継続打順)で行う。ただし、タイブレーク方式は1イニングとし、なお

同点の場合は最終守備者が同一ポジションのじゃんけんで勝敗を決定する。(決勝は勝

敗が決するまでタイブレーク方式を行う。)

得点差によるコールドゲームを全ての試合に適用する。10点差、点差。

4. 正式試合の成立は5回完了時とするが、5回以前でも規定時間に達したならば試合は成立

      する。

規定のコールドゲーム、あるいは暗黒降雨などで規定の回数に試合が進行していない場合、

すなわち、ノーゲーム(5回以前)になる回数のときでも特別継続試合として行う。

5. 監督またはコーチ等が試合に投手の所へ行ける回数は回以内とする。なお、タイブ

      レーク方式になった場合は、回行くことができる。

6. タイムの制限・・・

捕手または内野手が、試合に投手の所へ行ける回数は回以内とする。なお、タイブレ

ーク方式になった場合は、回行くことができる。

攻撃側のタイムは、試合に回以内とする。なお、タイブレーク方式になった場合は、

1回行くことができる。

7. 監督・主将不在でも試合は認めるが、代理を必ずメンバー表に明記すること。

 


競技・審判上及び試合のスピード化に関する注意事項

1. 抗議のできる者は、監督または主将と当該プレーヤーの内1名とする。

2. 塁上の走者及びコーチスボックスやベンチから球種などを打者に知らせるためのサイン

   を出すことを禁止する。

3. ストライク、ボール、フェア、ファウルボール、アウト、セーフ等の判定に対する抗議

      は認めない。

4. 打者が2塁打を打ち打撃用手袋から走塁用手袋に変える為にタイムをかける行為を禁止す

      る。

5. 打者が頭部にヒットバイピッチを受けた時には、球審は攻撃側の監督と協議し、臨時代

      走の処置を行うことができる。

6. 前進守備時の野手の位置について

野手が打者の目につくところへの位置は、故意に打者を惑わすことと野手の安全を考慮し

て塁間の半分を目安とする。

7. 守備が終わり、最後のボール保持者は必ず投手板にボールを置いてベンチに戻ること。

8. 競技場内(ベンチを含む)では、飲酒、喫煙及びガム等を噛むことを禁止する。

9. 攻守交代は駆け足で行うこと。監督またはコーチのマウンドへの行き帰りは、小走りで

   スピーディーに行うこと。

10. 投球を受けた捕手は速やかに投手に返球すること。また、捕手から返球を受けた投手は

      速やかに投手板を踏んで投球姿勢をとること。

11. 打者は、投手が投球位置にいるいないに関係なく、速やかにバッタースボックスに入る

      こと。また、次打者は、必ず次打者席に入り低い姿勢で待つこと。投手も必ず実行する

      こと。なお、サインはバッタースボックス内で見ること。

12. 試合中、スパイクの紐を意図的に結び直すためのタイムは認めない。

その他細則について

1.選手は一つのチーム以外に登録することができない。

2.試合の事故によりけがをした場合必ず本部に連絡すること。球場への往復の事故につ

    いて主催者は一切責任を持たないので充分注意の上、参加すること。

3.職業野球競技者(プロ野球)で退団後のアマチュア復帰については、競技者必携の(公

       財)全日本軟式野球連盟競技者規第条(職業野球競技者の連盟復帰)を参照する。

 

 

 

改訂 2018.2.17